【勉強法】2週間で習得!Python学習のおすすめロードマップを解説【プログラミング】

サムネイル
記事内に広告が含まれています。
吹き出しのイメージ

Pythonを始めたいけど、難しそうだな。どんな手順で学習を進めればいいんだろう?プログラミング未経験でも、習得できるかな?

Pythonの学習を始めたい方や、プログラミング未経験者の中には、このような疑問を持つ方もいると思います。

結論から言いますと、プログラミング未経験者でもPythonであれば簡単に習得することができます。実際に私は、他の言語も学習した経験がありますが、Pythonが一番理解しやすかったです。

そこで今回は、実際にPythonを習得した私が

  • Pythonとは
  • Pythonでできること
  • Pythonの学習手順
  • Pythonを学習する際のポイント

について解説していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき、参考にしていただけると幸いです。

Pythonとは

Pythonのイメージ
吹き出しのイメージ

そもそもPythonってどのようなプログラミング言語なんだろう?

Pythonはプログラミング言語の一種で、主に機械学習やデータ収集・分析、データ処理の自動化などに利用されます。また、PythonのフレームワークであるDjangoを使用すれば、WEBアプリケーションの開発も容易に行えます。例えばデータ処理だと、指定のWEBページの写真や情報を自動で収集するスクレイピングや、収集したデータを自動でExcelに保存するExcel自動化などの機能があります。

Pythonはプログラミング言語の中で文法が簡潔でわかりやすいため、難易度が低いとされています。そのため、プログラミング未経験者や初心者の方にとっても理解がしやすく、取り組みやすいというメリットがあります。

Pythonでできること

出来ることのイメージ
吹き出しのイメージ

Pythonがどんな言語なのかはわかったよ。ところで、どんなことが出来るの?

前述した通り、Pythonは主にデータ分析や機械学習に強いです。そんなPythonで以下のようなことが出来ます。

  • 画像分析
  • スクレイピング
  • Excel自動化
  • WEBアプリケーション開発

画像認識はAIが画像を解析し、写真が何を示しているかを判断する機能を開発できます。たとえば、車の写真を解析すると、高い精度で「これは車の写真です」といった結果が得ることが出来ます。信頼性が高く、難しい写真でも容易に分析することができます。

スクレイピングはWEBページから情報を一括で取得することができます。例えば、車の写真を集めたサイトを閲覧している場合、Pythonを使用するとすべての写真を一括で保存できます。

Excel自動化は解析した内容を自動でExcelに書き込むのに役立ちます。例えば、スクレイピングで得た画像データのパスを一括でExcelに保存することも可能です。

PythonのフレームワークであるDjangoを使用してWEBアプリケーションを開発できます。Djangoはセキュリティに優れ、汎用性が高いフレームワークです。例えば、YouTubeもDjangoで開発されています。

これらの機能はPythonで実装できるほんの一例に過ぎません。その他にも、音声認識や自動言語処理なども実装することができ、様々な活用方法があります。

スクレイピングが禁止されているサイトもあるので、練習する際は事前に確認を行ってください。

Pythonの学習手順

手順のイメージ

Pythonを習得するには、いくつかの手順があります。

  • Pythonの基礎文法の学習
  • 簡単な機能の実装

それぞれ、解説します。

基礎文法の学習

まずPythonを学習する1つ目の手順は「基礎文法の学習」です。

Pythonを学習する最初のステップは「基礎文法の習得」です。Pythonにも特定の文法が存在します。これは英語で言うところの「be動詞」や「比較級」のようなものです。英語の文章を書くには基礎的な文法を理解する必要があるように、Pythonも最低限の文法を理解することが重要です。

Pythonの文法を学ぶ方法はさまざまで、「本屋で本を買う」「YouTubeの動画を見る」「ウェブサイトで学習する」など、どの方法を選んでも構いません。ただし、どの学習方法を選んでも共通して注意すべきポイントがあります。

基礎文法の学習には過度な時間を費やしすぎないようにしましょう。文法を完璧に理解しても、それだけではPythonを使って実際に機能を開発するスキルにはつながりません。文法は単なるコードを書くための手段に過ぎません。これらのステップはあくまで下準備であり、次の段階が重要なステップとなります。

簡単な機能の実装


Pythonを学習する2つ目の手順は「簡単な機能の実装」です。手順1で学習した文法をもとに、実際に機能を開発してみましょう。初めは代表的な機能から実装することで、実践的なスキルを身につけることができます。まずはこれらの機能を実装してみましょう。

  • スクレイピング
  • Excel自動化
  • 画像解析

それぞれ解説します。

スクレイピング

簡単な機能を実装する1つ目の手順は「スクレイピング」です。データを収集したいWEBサイトを決め、実際に分析してみましょう。

ここで必要な知識は、「BeautifulSoup」の使い方です。このライブラリは非常に有名で、初心者であっても簡単に試すことのできる機能です。スクレイピングは実際に役立つこともあるので、扱えるようにしておきましょう。

Excel自動化

簡単な機能を実装する2つ目の手順は「Excel自動化」です。これはスクレイピングと組み合わせて活用することができます。

ここで必要な知識は「OpenPyXLの使い方」です。スクレイピングしたデータを一気にExcelに保存してみましょう。通常、1つずつExcelに書き込む作業を大幅に短縮できるため、非常に便利な機能です。

画像解析

簡単な機能を実装する3つ目の手順は「画像解析」です。機械学習にも少し触れてみましょう。

ここで必要な知識は「Google Cloud Vision APIの使い方」です。Google Cloud Vision APIを使用することで、簡単に画像解析を実装することができます。これを実装し、機械学習やAIの力にも触れてみてください。

Pythonを学習する際のポイント

ポイントのイメージ

ここまでPythonの学習手順について紹介してきました。それでは今度はPythonを学習する際のポイントについて紹介していきたいと思います。

  • 積極的に手を動かそう
  • 下準備は早めに済まそう
  • ChatGPTはなるべく使わないようにしよう

それぞれ解説します。

積極的に手を動かそう

まずPythonを学習する際のポイントとして挙げられるのは、「積極的に手を動かそう」ということです。

言うまでもなく、コードを見るだけではスキルの向上は難しいです。実際に自分でコードを書き、その動作を確認することで、実践的なスキルを身につけ、理解を深めることができます。従って、積極的に手を動かし、自らコードを書くことで、プログラミングの技術向上につなげていきましょう。

下準備は早めに済まそう

次にPHPを学習する際のポイントとして挙げられるのは、「下準備は早めに済まそう」ということです。

Pythonのスキルを向上させる最も有効な方法は、実際に開発を進めることです。この段階に早く到達するほど、技術向上も早まります。基礎文法や理論の理解は60%ほどで十分です。初期の段階で下準備を迅速に終え、具体的なプロジェクトに取り組むことをお勧めします。

ChatGPTはなるべく使わないようにしよう

次にPythonを学習する際のポイントとして挙げられるのは、「ChatGPTはなるべく使わないようにしよう」ということです。

ChatGPTは非常に優れたツールであり、コード生成にも長けています。ただし、少なくともPythonを習得する初期段階では、ChatGPTの活用を控えるべきです。ChatGPTが生成するコードは様々で、初心者には理解が難しいことがあります。練習の過程では、自分で考えてコードを書くことに焦点を当て、理解できたコードのみを作成していくよう心がけてください。

ただし、Pythonの習得が進んだ後は別です。Pythonを理解している場合、ChatGPTが生成したコードでもすぐに理解できます。効率的な活用が可能な場面もあるため、Pythonの基礎が理解された段階で、ChatGPTの利用を検討してください。

まとめ

ここまで、Pythonの学習手順について紹介しました。

Pythonはあまり難易度が高くないため、初心者が学習するにはもってこいの言語だと思います。これから勉強される方は、ぜひ諦めずに取り組んでみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

シェアする

フォローする